無料で使える翻訳サービス「wovn.io」

投稿日:2018年05月31日

当ページの右下に「日本語」と書かれたボタンが設置してあって、
押すといくつかの国の言語に自動翻訳してくれるようになっている。

これが、wovn.ioというサイトが取り扱っている翻訳のサービスで、
割と以前から知ってはいたが、お金のかかるサービスで、
ならGoogleの翻訳で十分だよ〜とか思っていた。

が、ある時期から無料で使えるサービスが始まり、
モノは試しとやってみたら、会員登録だけで簡単に設置でき、しかも実用的!
個人的にはGoogle翻訳ボタンよりもいい感じで気に入っている。

やり方は、会員登録すれば丁寧なチュートリアルが見れるので、
そのとおりにやれば設置は難しくないが、
設置後何日かたって気づいた注意点も。

Topページ以外に言語ボタンが出ない?
headタグの中に入れて、Wordpressで全項表示されるはずが、
出ないページがあって原因が分からなかったが、
公式HPにログイン後の編集ページで、表示か非表示かを選べるようになっていて、
ここを「表示」にする…のだが、した直後〜数時間経過しても反映されず、
それこそ2、3日たってようやく言語ボタンが出ることがあった。

この辺の仕組みは不明。
Googleの検索エンジンに登録しても、反映には数日かかるような感じなのか?
ただ、公開設定にしておけば、いずれ必ず反映される模様。

office2016 Macの起動時に「資格情報がありません」というエラーが出る

投稿日:2018年05月24日

タイトル通りなんだけど、
office2016 Macをインストール完了、
さあ起動!とやると「資格情報がありません」というエラーが出た。

プロダクトキーも正しいのに、何だこのエラー!?
と憤りつつも調べると、このような情報が

Office 2016 for Mac のライセンス認証で発生するエラー 0xD000000C

ここの下の方に、
“Office 2016 for Mac が資格情報を “読み取り専用” として
キーチェーンに書き込むことができないために発生することがあります。と書かれていて、その下を読むと、どうやら新規ユーザーのアカウントを作成し、
そのアカウントでログイン→そこからofficeを起動してみるといいよ、みたいに書いてある。

で、システム環境設定→ユーザとグループ→カギを解除して+マークで追加、
そこからoffice何か起動してMicrosoftのアカウント情報など入れると、ようやく起動した!

その後は元のアカウントにログインし直しても、そちらでも無事起動した。
必ずこのエラーに見舞われる訳ではないみたいだけど、くらってしまったら
新規ユーザー作成→ログインして起動、を試してみるべし。

PDFを画像へ変換するのに便利なアプリ「PDF to JPEG」

投稿日:2018年05月23日

仕事で素材を受け取る時、PDFでもらうケースも割とあって、
それを画像に変換して使うような場合、結構面倒くさい。

変換アプリ自体はApp Storeとかで色々あるのだけど、
実際使ってみると画質が非常に悪かったり、サイズが小さくなったりと
業務レベルで使うにはお粗末なシロモノも多い。

で、私がいろいろ試してみて大変素晴らしかったのが、
「PDF to JPEG」というアプリ(有料。500円くらい)

起動したらPDFをD&Dするだけの手軽さと、
何より変換した画像のクオリティが高い。
元のPDFでの質を、そのまま保って出したかのようなレベル。

Macオススメアプリの紹介サイトとか私も参考にするけど、
そういったサイトでもあまり紹介されないアプリなのだが、
実用度は大変に高いと感じている。

MacだとAutomaterでも同じことが出来るけど、
あれを使うよりも断然このアプリのほうが速い。
個人的オススメアプリ。

MacのOSをHigh Sierraにすると、fireworksが100%動かなくなった

投稿日:2018年05月22日

当方はかつてfireworksをよく使用していて、
開発が終了した今ではそんなに使うこともなくなっているのだけど、
過去のデータを利用する場合もあり、
今でも割と必要なアプリケーションと思っている。

なんだけど、MacのOSがSierra辺りから起動に不具合が出るようになり、
その時は、有効にしているフォントを制限するなどしたら、まだ動いたのだが、
OSをHigh Sierraにアップして試した所、
もう何をどうやっても起動しなくなってしまった。

過去にfireworksで作成したデータへのアクセスを考えると、
全く起動しないのは困るので、タイムマシンBackupで旧OSに戻したのだけど、 いつまでもOSを更新しないのも限界があるとは思うので、 旧OSのままのMacを予備でもっておくべきか…なども考えている。

なお、fireworksはWindows版ももっていて、
こちらはWindows8でも10でも、全く問題なく動いている
Macもホントはこうあってほしいのに…。

Macキーチェーンのログインパスワードって、何を入れたらいいの?

投稿日:2018年05月21日

MacのOSが10.12(sierra)辺りから、
アプリを立ち上げる時に、場合によっては
キーチェーンのダイアログが出るようになった。

いや、キーチェーンなんか設定した覚えないし!
一体何を聞いてきてるのか分からず「拒否」とか選ぶと、
今まで自動ログイン出来ていた他のアプリがログインし直しになったりと、
何だか散々な目にあってしまった。

じゃあ、とりあえずALL許可でいいや!
とすると、何かパスワード入れる画面になり、
ここに入れるのが何か分からず結構ハマってしまった。

結論を言うと、ここに入れるのは、
Mac起動時とかに入力する、ユーザーでログインする時のパスワードだった。

何かsaffari起動で出たりすると、
Appleのログインパスワードか?と入れて拒否されたりしてたんだけど、
分かってみるとしょーもなかった…。